2009年11月14日

陽気なギャングが地球を回す(2006年日本)

youki.jpg

いやぁ〜好きです、大好き!この映画!黒ハート

原作は最近大人気の伊坂幸太郎
私はまだ彼の本を2冊ほどしか読んでいないし
この本も読んでいないけど、読んだ中の短編に
銀行強盗で知り合う人達の話がありましたね

そう、この映画は銀行強盗のお話

といっても悲惨な話ではなく、あくまでもコメディー
なんていうんかな、アメリカ映画の「シャレード」とか
「黄金の七人」とか「オーシャンズ11」とかの感じです

銀行で起きた狂言爆弾強盗の現場に居合わせたことから
知り合った4人の男女が、「これをご縁に」って
一緒にギャングになる・・・そこからおかしいひらめき

この4人、それぞれ特異な才能を持ち、人を殺めない
ロマンを求めるギャング団は次々と強盗に成功

ところが、ある時にその分捕り品の4千万円を
横取りされてしまう・・・そこからはどうなっていくか
先の読めないおもしろさです

現実にはありえない場面も次々と出てきますが
そんなこと深く考えないで、まさに映画でしかありえない
そういう画像とストーリーを素直に楽しもう〜手(チョキ)

主演は大沢たかお・佐藤浩一・鈴木京香・松田翔太の4人
でも、脇役が豪華! 誰がでているかみつけるのも楽しい
なんと、松田翔太はこれがデビューですって!
え、そうなの? もうずいぶん前からのような気がしてたけど

とにかく、楽しい映画、そして決して終わったと思って
途中でやめないで、最後の最後まで見てね
お楽しみが待っているからねわーい(嬉しい顔)

そうそう、エンディングの曲がまたいい!
和田アキ子(+スクープオンサムバディ)の歌で
昔のハリウッドの「キャバレー」みたいなノリ
アッコ、ほんと歌うまいよ〜るんるん

私はこの曲を聴きながら、最後までニコニコ幸せな気分でした揺れるハート
posted by Sugar Babe at 16:12| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルフィー(2004年アメリカ)

alfie.jpg

ジュード・ロウがひたすらかっこいいのだ

ジュード・ロウのソフトモヒカンの髪型
ブランド品(たとえそれがバーゲンであっても)の
スーツの完璧な着こなし
きっとイギリス訛りの英語だって
女心をトロトロに溶かすのだろうねハートたち(複数ハート)

そんなジュード・ロウだらけの映画

元々は1966年のマイケル・ケイン主演の
イギリス映画のリメイク
見た覚えはないけれど、バカラックの主題歌は超有名

今回は映画の始まる時にチラッとその曲が流れるが
他の音楽はまったく関係ない、現代の話になっている

自分の魅力を十分に知っているイギリス男が
ニューヨークにやってきて、最高の女性を捜し求める話です

彼はその自分のかっこよさを最大限に利用して
ふらふらと寄ってくる女達を次々とモノにする

でも誰一人にも満足できず、年下・年上関係なく
次から次へと女を求め、そして女を捨てていく

そして最後には全ての女達からも捨てられ
孤独感とみじめさにまみれて、終りとなる
さあ、どうする? アルフィー・・・

そやから、どうなん?って感じの映画です、おばさんにはあせあせ(飛び散る汗)

ジュード・ロウ大好きな人にはたまらんやろけどねわーい(嬉しい顔)
posted by Sugar Babe at 15:34| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。