2010年11月21日

扉をたたく人(2008年アメリカ)

the visiter.jpg

この映画は打楽器「ジャンベ」が出てくるということだけで
他の予備知識なしに見ました
単純に 音楽映画かしらん? と思っていたところ・・・

妻に先立たれ、仕事への生きがいも失い
ただ毎日を何となく生きていた初老の大学教授

彼が仕方なく学会に出席するためにニューヨークへ行き
以前から持っていたアパートの一室に到着したところから
話は思いがけない方向に向かっていきます

その部屋にいたのは、手違いで数ヶ月前から住んでいた
シリア出身の青年とセネガル出身の女性のカップル
驚いた教授だが、行き先の無い彼らと
成り行きから同居生活が始まる・・・

その青年はジャンベを叩くミュージシャン
年齢も人種も人生さえも全く異なる二人の間に
ジャンベを通して、友情のようなものが芽生え始める

ところが、突然青年が間違って逮捕される事件が・・・


淡々と進むストーリー
ニューヨークという人種のるつぼの国は
移民達によって支えられてきたはずなのに
9・11以来、その移民達が生きる場所がなくなっていっている現実

救いようの無いラスト・・・ジャンベの音だけが空しく響く・・・

後で知ったのですが、この映画はアカデミー賞の
主演男優賞にノミネートされていたんですね

教授に名脇役のリチャード・ジェンキンス
感情を出さない彼が、ジャンベを通じて徐々に心を開き
青年を助けようと、感情をむき出しにしていく最後には
見ている私の心も激しく揺さぶられるのです

http://www.tobira-movie.jp/
posted by Sugar Babe at 19:04| 兵庫 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マルタのやさしい刺繍(2006年スイス)

malta.jpg

ひょっとするとこれが初めてかもしれない、スイス映画です

スイスの谷間の美しい村・・・人と違うことをせずに
大人しく過ごしていけば平和で穏やかな日々
でも実態は偏見に満ちた保守的な村ふらふら

だって9ヶ月前に夫に先立たれ、生きる気力を失った
80才のマルタが、再び生きがいを持てたのに
回りの人々はそれに反対し、阻害しようとするのだ

マルタの生きがいとは?
若い頃に持っていた夢である、ランジェリーショップを開くこと
夫に反対されてランジェリーの縫製をあきらめていたマルタ
偶然、布の店で美しい生地やレースを見たことから
夢を思い出し、それを実現することを決める

保守的な村の人々の様子から、過去のお話かと思いきや
実はこれ現代のお話。。。でも、今の日本でも同じかもしれない

年寄りのくせに、とか、その年で、とか・・・
でもこの映画のマルタを見ていると、年齢に関係なく
夢や生きがいは持てるということがはっきりわかります

マルタや彼女を応援する友人達が、映画の初めより
夢を実現していく過程で、徐々に表情が強く明るくなっていき
ラストシーンでの、マルタの明るく胸元の開いた服装が
全てを物語っているように思えます
皺だらけでもおなかが丸くても、なんて美しいの!

私もそろそろ老人と言われる年齢
でも心はいつまでも夢を忘れず未来を向いて
生きていきたいわ手(グー)

主人公のマルタ、80才という設定だけれど
女優さんほんとは88才だとか、ほんとに元気できれいですよぴかぴか(新しい)

http://www.alcine-terran.com/maruta/
posted by Sugar Babe at 18:43| 兵庫 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

3本立て

久しぶりにケーブルTVで続けて映画を見ました
なんと、3本立て!

スウィート・ノベンバー(2001年アメリカ)
sweetnov..jpg

偶然に出会った広告代理店のエリート社員と
謎めいたちょっとヘンな女性が、1か月という約束で
同棲開始、そして恋に落ちて…
キアヌ・リーブスとシャーリーズ・セロンのラブストーリー
正直、映画開始後のけったいな成り行きから、ラストは
あっと驚く悲恋。。。びっくりしたまま終わりましたねがく〜(落胆した顔)

ヘアスプレー(2007年アメリカ)
hairspray.jpg

実は前作(1988年)、かな〜り昔(15年位前?)に見て
そのB級具合が結構好きやったんです
音楽映画・ダンス映画は元々大好き
でもデヴァインがお母さん役よ!ヘンでしょ?
そりゃそうよ、メジャー映画といえどもジョン・ウオーター監督やもん

今回、前作→ミュージカル化→大成功→映画化とたどって
お母さんもトラボルタ(これもヘンではあるけれど)、他の出演者も
ミシェル・ファイファー、クリストファー・ウォーケン、クィーン・ラティファと豪華
後はこれをミュージカルと見るか、青春映画と見るか、はたまた
人権問題をとらえた社会派映画と見るか…は、見る人のお好きにねるんるん

50回目のファーストキス(2004年アメリカ)
50kiss.jpg

これは全く何にも知らずに見ました
そしたらご贔屓のドリュー・バリモア&アダム・サンドラーの
とっても可愛いラブストーリーではありませんかムード
事故の後遺症で、記憶が1日しかもたないドリューに恋した
アダムがさてどうするか…見終わってほのぼのします
私はもう一人(一匹?)の出演者、セイウチ君が好きやなあ〜揺れるハート
posted by Sugar Babe at 10:08| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。