2011年02月17日

歓喜の歌(2008年日本)

kanki.jpg

町の文化ホールの主任(小林薫)は市役所から
飛ばされた、全くやる気のないだめ男
12月30日になって、明日の大晦日の女声コーラスの
演奏会をダブルブッキングしてしまっていることがわかり
大騒動となる2日間の映画です

小林薫のだめ男ぶりが半端じゃない!
のらりくらり逃れようとするけれど、ただのママさん
コーラスかもしれないけど真剣な女性達の姿に
徐々に変わっていく後半からピッチがあがるグッド(上向き矢印)

原作はなんと、立川志の輔の新作落語
本人もちょこっとカメオ出演
他にも え、こんな人がここにも〜というように
思いがけない人の出演に驚きますexclamation

最後の演奏会シーン、もっと歌を聴きたかったな
それと残念なのは、映画のタイトルにもなっている
ベートーベンの第九の合唱が、なぜか女声コーラスで
ピアノ伴奏のはずなのに、オーケストラ演奏が聞こえ
しかも男声パートも聞こえてくる…
ということで感動しそこないました…あせあせ(飛び散る汗)

原作の志の輔さんの落語を聞いてみたいなあわーい(嬉しい顔)

posted by Sugar Babe at 09:58| 兵庫 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。