2009年09月09日

ディア・ドクター(2009年日本)

超久しぶりに映画館に行きました
調べてみると・・・な〜んと2年ぶり!!びっくり!
そんなに行ってなかったんか〜 
時間の過ぎる速さにもびっくりしたけど・・・

その久しぶりの映画館で見たのは「ディア・ドクター」

deardoc2.jpg

大好きなつるべちゃんが(おない年)NHKの「家族に乾杯」で
少し前にいっつもヘンな髪型をしていて
どうしてやろ〜と思っていたら「映画撮ってんねん」てカチンコ

それがこの映画でした
あまり内容を知らずに見に行きました

まあ、なんて素晴らしい映画!
そして素晴らしい俳優さん達!
まさに久しぶりに「おなかいっぱいに映画を見た」気分ハートたち(複数ハート)

まず背景の過疎の村の自然いっぱいの景色が素晴らしい
何の説明がなくても、画面に広がる稲穂が、風でざざざ〜と
なびくのに背筋がぞくっとするほど感動します

夜空の月の美しさ、夜そのものの美しさにも感動します三日月

それからキャストの瑛太・余貴美子・井川遥・岩松了
松重豊・八千草薫・笹野高史・香川照之・・・
皆の演技が芸達者でそれでいてリアルで、うまいっ(とうなる)
そうそう、ちらっと中村勘三郎も出てきてびっくり
キムラ緑子さんもちらっ(←ちりとてファン用)

なんと言っても笑福亭鶴瓶が素晴らしい!
この映画は「真実と嘘」が一つのテーマになっているのだけど
彼の持つ「とことんの明るさ」と、「何かあるかのような不気味さ」が
うま〜く引き出されていて、さて他に誰がやれるかなあと
少し考えてみたけれど・・・西田敏行? 柄本明? 泉谷しげる?

他の誰でもないつるべの魅力が100%出ているなあ〜
あのしれっとした大阪弁も、信頼感と怪しさの裏はらな感じにぴったりやし〜モバQ

deardoc1.jpg

物語は、過疎の村で村人達に絶大な信頼を寄せられていた
1人のお医者さんが、突然失踪するところから始まります

刑事がやってきて、調べ始めて、まさか事件とはと思っていたのに
少しずつ本当の「真実と嘘」が見え始めます・・・
後は見てのお楽しみ
コメディータッチで客席からは何度も笑い声が起こったけれど
エンディングからはほとんど誰も席を立たず、う〜んと
うなっている雰囲気が漂っていました
音楽の使い方もとてもよかったなるんるん

最後になったけれど、この映画の監督は西川美和さん
美人で頭のいい人です、原作・脚本も全部この人
前作「ゆれる」でとても評判になったことは知っていたけれど
まだよう見ていませんので、早くDVD借りて見たいわCD

http://deardoctor.jp/

PS:ほぼ日で、糸井重里×西川美和監督の
  とてもステキな対談をみつけました
  http://www.1101.com/nishikawa/index.html

PS2:こんなところに書いてももう誰も読まないやろうけど
  本文に書き忘れたもので・・・ 
  落語の素敵な使い方にもう〜んとうなりました
  特に八千草薫が夫の残した落語のテープを聞いていて
  プツンとデッキが切れる・・・それと同時に「たちぎれ」の
  三味線の音が切れる・・・背中がぞくっとしましたねえ
posted by Sugar Babe at 23:09| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。