2013年01月08日

ロボジー(2012年日本)

去年見た「ロボジー」を忘れてたあせあせ(飛び散る汗)

robojii.jpg

ストーリーはウィキの借り物ですが…
弱小家電メーカー「木村電器」のエンジニア3人は、二足歩行ロボットの開発を
命じられるが、発表1週間前に開発中のロボット「ニュー潮風」は大破してしまう。
途方に暮れた3人はロボットの中の人を募集し、その人に「ニュー潮風」を演じて
もらい窮地を凌ごうと考えた。架空のオーディションで選ばれたのはなんと
73才の老人・鈴木。しかし彼がまた一癖ある人物で、ロボット博で勝手な行動を
見せたために大変な事態を招くことになる…

このロボットの「中の人」が初主演、五十嵐信次郎。 
いや、私の年代ではミッキー・カーティスと言った方がおなじみ。
歌手・プロデューサー・俳優と色んな顔を持つミッキー・カーティスが
矢口史靖監督の映画に出るにあたって「何でもやる!どんな格好でもする!」と
いう意気込みが、この芸名に現れているそうです。

とにかくこの鈴木というオジイチャンがおかしくて、カワイイ!
それから今私イチオシの濱田岳、チャンカワイ、川島潤哉の開発3人組が
またまたおかしい。がんばればがんばるほど、とんでもない方向に話が
逸れていくところが、ほんとにおかしいモバQ

そして一番おかしくてカワイイのは、ロボットのニュー潮風。
このネーミングもすごくヘンでカワイイでしょ!?

さあ、皆さんも今悩んでいることや、しんどいことを少し忘れて
ニュー潮風と一緒に踊ったり、涙が出るほど笑ったり、しましょわーい(嬉しい顔)

http://www.robo-g.jp/
posted by Sugar Babe at 18:39| 兵庫 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。