2014年01月23日

小川の辺(2011年日本)

ogawanohotori.jpg

藤沢周平原作、他のシリーズは結局見ずこれが初めて。
キャストは注目度高い人ばかりで、主人公が東山紀之、上意を受けて
討ち取る相手が片岡愛之助と、二人それぞれ池井戸潤の原作ドラマの
「半沢直樹」と「七つの会議」で好演したのを見たばかり。
ヒガシの妻が小野真千子、従者役にあまちゃんの前髪クネオ(笑)の
勝地涼、ヒガシの妹で敵の妻が菊池凜子。

しかし終って正直「え、これだけですか!?」
短編が原作とは言えあまりに淡々としすぎでヒガシ無表情過ぎで
心に残らない残念な映画ふらふら
武士とはあんなもの? もっと一人一人の心情やエピソードに踏み込んでほしいね
それと菊池凜子、あっさり脱ぎ過ぎ〜あせあせ(飛び散る汗)
posted by Sugar Babe at 17:58| 兵庫 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。