2014年01月23日

小川の辺(2011年日本)

ogawanohotori.jpg

藤沢周平原作、他のシリーズは結局見ずこれが初めて。
キャストは注目度高い人ばかりで、主人公が東山紀之、上意を受けて
討ち取る相手が片岡愛之助と、二人それぞれ池井戸潤の原作ドラマの
「半沢直樹」と「七つの会議」で好演したのを見たばかり。
ヒガシの妻が小野真千子、従者役にあまちゃんの前髪クネオ(笑)の
勝地涼、ヒガシの妹で敵の妻が菊池凜子。

しかし終って正直「え、これだけですか!?」
短編が原作とは言えあまりに淡々としすぎでヒガシ無表情過ぎで
心に残らない残念な映画ふらふら
武士とはあんなもの? もっと一人一人の心情やエピソードに踏み込んでほしいね
それと菊池凜子、あっさり脱ぎ過ぎ〜あせあせ(飛び散る汗)
posted by Sugar Babe at 17:58| 兵庫 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最強のふたり(2011年フランス)

saikyounofutari.jpg

車いすで生活している大富豪と介護者として雇われた黒人青年
年齢や環境、育った人生も全く異なる二人に芽生える不思議な友情
無理に笑わせようとするコメディーではなく、そこここにふとある
おかしさと切なさ・・・そして何か救われる感情が湧き上がってくるグッド(上向き矢印)
うん、私この映画好きです揺れるハート
アメリカでリメイクらしいが、別物になりそうな予感・・・

http://saikyo-2.gaga.ne.jp/
posted by Sugar Babe at 17:51| 兵庫 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空気人形(2009年日本)

ずっと映画館に行ってません(いつも言ってるけど)
去年DVDで見た映画の感想などを。

kukiningyo.jpg

お気に入りの是枝裕和監督作品。心を持ってしまった空気人形・・・
いわゆるダッチワイフが、人とその世界を愛してしまうというファンダジー
主演はペ・ドゥナ、彼女のたどたどしい日本語と清らかな存在感がヌードでも
現実味を薄くして、なぜか純愛に思わせるのですねムード
不思議な空気感・・・切なくて哀しくて、こわいお話でした。

http://www.kuuki-ningyo.com/index.html
posted by Sugar Babe at 17:47| 兵庫 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

少年メリケンサック(2009年日本)

これ、見たのに書くの忘れてましたたらーっ(汗)
監督・脚本とも宮藤官九郎です。
クドカン大好きの長女から、熱烈に「見て!」と言われてたのに
ずっと見てなかったのを、ケーブルTVで発見したので。

良くも悪くもクドカン映画ですね!
いや、悪くはないか…
なんか訳わかんないタイトルは、実はバンドの名前。
しかもパンクバンド、私は超苦手ふらふら にもかかわらず面白かったわーい(嬉しい顔)
(「デトロイトメタルシティ」は全然ノレなくて、途中棄権したもん)

レコード会社で新人発掘担当のかんな(宮崎あおい)は
インターネットであちこち検索しているうちに
「少年メリケンサック」というバンドを発見!
上司(ユースケサンタマリア)に報告し彼等に接触。
ところが…NETの映像は25年前のもので、バンドはすでに
解散し、彼等はどうしようもないオジサン達だったのです。

shonenmeriken.jpg

しかし、NET上ではすでに今のバンドとして大盛り上がり!
ライブハウスも押さえて出演を待つばかり…
さあ、どうしよう、かんな!そして少年メリケンサック!あせあせ(飛び散る汗)

あおいちゃんは人気者ですね〜
映画・ドラマに引っ張りだこです。私はあんまり…
でもつい見ると、なかなかがんばってるなあとは思います。
そしてこっちも人気者の佐藤浩市、けっこう好き揺れるハート
どうしようもない汚いヨレヨレの中年男が、再びパンクロッカーとして
さあ、よみがえるのでしょうか?

shonenmeriken2.jpg

共演のユースケ、キム兄、ピエール瀧、勝地涼etc. 
みんないい味出しています
でも私のお気に入りは田口トモロヲと田辺誠一。
特に田辺誠一は、最後まで誰かわからずモバQ

クドカン、やるやん。
4月からのNHK朝ドラらしいけど、どうなるかな?
posted by Sugar Babe at 16:02| 兵庫 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

宇宙人ポール(2011年 アメリカ・イギリス・フランス合作)

昔、「未知との遭遇」を見た時の衝撃は何だったんでしょうか雷雷
よく夢に出てきたUFOが飛ぶ風景を目の当たりにして
私は大興奮したものでした。映画なのに、ほんとやないのにね
そして次が「ET」 まるで「未知との遭遇」の後日談のようで
こちらの映画も大好きでした揺れるハート

そして、現代は「宇宙人ポール」です。

paul3.jpg

借り物ですが…「1947年、ワイオミング州に怪しい飛行物体が落下した。
そして60年後、イギリス人のSF作家クライヴとイラストレーターのグレアムは
アメリカ・サンディエゴで開催される、世界中のマニアが集うコミコンに参加。
その後2人は長年の夢だったアメリカのUFOスポット巡りに出発する。。。」

その後二人は夢ではなく、本当の本物の宇宙人と出会います。
その宇宙人の名はポール。60年間囚われていた政府の施設から逃げ出し
そのポールを助けることになるクライヴとグレアム。
そして彼等を追いつ追われつ、色んな人達が関わっていき
衝撃のラストへとなだれ込む…

paul2.jpg

とにかく私の好きな2本の映画へのオマージュ(他にもあるかも)が
散りばめられていて、ニヤリクスリとさせられるシーンばかり。
そして今大ヒットの「テッド」にも共通している、人間以外の物を
うまく擬人化して人間世界に溶け込ませるユーモア。
人間くさくて、ちょっと下品なポールを大好きになってしまうんやわ黒ハート
そうそう、実は大物女優が出演していて驚かされます。
http://eiga.com/movie/56163/

ちょっと見せちゃおうわーい(嬉しい顔)




posted by Sugar Babe at 15:06| 兵庫 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。