2012年12月25日

グラン・トリノ(2008年アメリカ)

クリント・イーストウッドと言えば、私にとっては子供の頃に楽しみに見ていた
西部劇「ローハイド」に出てくるアンチャンのロディだ。
でもその後の映画にはあんまり興味無く、たまにTVで
「ダーティーハリー」シリーズをちらっと見る程度だった。
ところが95年に「マディソン郡の橋」が大ヒットムード
何々〜っと見たところ、当時65才のイーストウッドが老いらくの恋を大熱演揺れるハート
監督としても素晴らしいことを知った。
そして「硫黄島からの手紙」も評判になり、その後の「グラン・トリノ」も
見た人達からよかったと感想を聞いていたのをようやく見たのでした。

gurantorino.jpg

これは本当に素晴らしい映画です。
元軍人で長年自動車工としてフォードに勤めたガンコ爺としか
いいようのない男。息子家族ともぎくしゃく、素直に話せない。
そんな彼の唯一大事にしているのが愛車グラン・トリノ。
そして彼の住む地域に徐々に増えてくるアジア系住民と
最初はトラブルばかりだったのが、隣人との間に親近感が芽生える。
全編彼の文句ばかりのガンコなセリフが、段々と優しく溶けだし
最後にその隣人を助けるために、思いもかけない行動に出るのだ。

そのラストシーンはショッキングでもあり感動でもあり、この映画が
絶賛されたことを私は理解した。
イーストウッドは素晴らしい監督であり、役者であると断言する。
見てない人、ぜひこの映画を見てほしい。
http://wwws.warnerbros.co.jp/grantorino/#/top
posted by Sugar Babe at 15:20| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

キック・アス(2010年アメリカ)

さて、今年の夏の締めくくりはこの映画。
「キック・アス」って名前を目にした時には、たぶんB級の
アホな映画やろな〜って思っていました。
でもその感想がすごく熱がこもっていてタイトルがインプットされ
ある日ケーブルテレビでそのタイトルをみつけたので、何気なく録画。

見て、ぶっとんだ〜exclamation なんじゃ〜この映画はexclamation×2

スタートはどんくさいオタクの高校生の男の子が
ヒーローに憧れて通販で買ったヒーロースーツ(というには
あまりにもお粗末)を着て、街に出て行きます。
もちろん本当のヘンシーン!もできないし超能力もないので
あっという間にチンピラにぶちのめされて、お腹を刺され
(ここ、モテキと一緒やね)病院行きどんっ(衝撃)あせあせ(飛び散る汗)
それでも何度もがんばって、たまたままたチンピラと対決し
決死の努力でやっつけた所がコンビニの前。
見物人達が取った動画を次々にyoutubeにアップし、すっかり有名人ひらめき

kickas.jpg

ところが後半、本当のヤクザと対決するハメになってしまった時に
現れたのが…なんとほんとのヒーロー親子、ビッグダディとヒットガール。
いつの間にか、キックアスもヤクザとの闘争に体を張って巻き込まれていく…

この娘を3才頃から殺人兵器に仕込んでいくお父さんがニコラス・ケージ
で、ヒットガールはまるで日本のアニメから抜け出たかのように可愛いのだぴかぴか(新しい)

kickas2.jpg

もう長いこと、アクション物や血の出る映画は見られなかったのに
オモシロコワイこの映画にハマりました揺れるハート
でも半分位は切るとこやツブスとこは手で隠しながら手(パー)手(パー)
なんか自分がアホな気がしますが、R15指定のこんなえげつない映画なのに
音楽が楽しくて、ヘンな爽快感があって、2回も続けて見てしまった。
もちろん万人にお勧めできる映画ではありません。
(って私の好きなヘンな映画は全部そうかもねあせあせ(飛び散る汗)

あーーちょっと見せたくなる…↓



マンガです、マンガ。
あ、そうそう、なんでもプロデューサーの1人がブラッド・ピットやそうで
ブラッドという位なので、まじめで怖がりな人は見ないように。

http://www.kick-ass.jp/index.html

posted by Sugar Babe at 17:23| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

優しい時間(2005年日本:テレビドラマ)

番外編です。

あの有名な「北の国から」は見たことが無いのに
「風のガーデン(2008年)」の虜になってしまった私に
「優しい時間もすごくいいよ」という情報が…
どれも脚本は倉本聰。そういえば昔ショーケンの「前略おふくろ様」や
最近の嵐の二宮君の「拝啓、父上様」はなんとなく見てたな。

優しい時間が見たい見たいと思っていて、とうとうDVDを買ってしまいました。
主役はこれも二宮君。そして相手役に長澤まさみ。
父親、寺尾 聰。母親、大竹しのぶ。
他のキャストも素敵な人達、役柄ばかり。

yasasijikan.jpg

富良野三部作の一つになるそうで、舞台は本当に森の中に建てた
喫茶店「森の時計」にゆっくりと流れる四季と時間。
お話は決してのんびりではなく、切羽詰まった人間・家族のドラマだけど
心の奥にぐんときます。

きっとこれから時々DVDを取りだして、何度も見ることでしょう。
いいドラマに出会えて幸せです。

音楽がと〜〜ってもよくて、今でも頭の中に時々流れます。



見る前やったので、数年前せっかく富良野のプリンスホテルに泊ったのに
「森の時計」に行き損ねました。あ〜アホアホ…ふらふら
ま、縁ってそんなものね。 
もう一度行ってあの大きな木のフクロウをぜひ見たいな。

公式サイト http://www.fujitv.co.jp/b_hp/yasashii/
ファンサイト http://www.alived.com/time/

posted by Sugar Babe at 16:46| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇宙兄弟(2012年日本)

なんかコミックがずいぶんと人気なんですってね目
そしてとうとう映画化って、あんまり知らなかったけど、友達が誘ってくれて
いつものシネピピアへ行って見てきました。

uchukyodai.jpg

2025年、第1次月面長期滞在クルーのメンバーとなった弟と
反対に会社をクビになった頭クルクル天パの兄
二人に共通していたのは、子供時代の夢…月に行くこと。
一足遅れで月を目指す兄と、弟の夢は叶うのか…

小栗旬はでっかいクルクル頭で、イケメンじゃない役が楽しそう手(チョキ)
とってもいい感じやったよわーい(嬉しい顔)
役所広司との「キツツキと雨」なんかもおもしろそう、見たいなハートたち(複数ハート)

どんな風に年取って、どんな役者さんになっていくのか楽しみです。

http://www.spacebrothers-movie.com/index.html
posted by Sugar Babe at 16:13| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

ステキな金縛り(2011年日本)

三谷作品はほとんど見てます。 
ようやくこれも見ることができました。

あいかわらずオープニングはオシャレで、昔のアメリカン・コメディーが
始まるようなワクワク感にしてくれます揺れるハート

ところが、始まってみると、なんともおどろおどろしい落ち武者が
ず〜〜っと出っぱなし。。。でも、これが西田局長(探偵ナイトスクープ)やと
すごくかわいいのよね、って西田敏行のことです。
局長は年を取るにつれて、優しさ・人情味とその反対の恐さも
両方現わせる演技力が、どんどん増していっているように思います、うまい!

ドジな女性弁護士エミちゃん(深津絵里)は失敗続きで、ラストチャンスの仕事で
妻殺しの男の弁護に当たるが、その男のアリバイは「旅館で寝ていて一晩中
金縛りにあっていた」というもの。それを立証するためにそのあやしい旅館に行き
自分も金縛りにあい、その張本人の落ち武者のユウレイを連れ帰り
そして彼を証人として裁判が始まる…

sutekikana.jpg

なんとも説明のしようのないストーリーですが、いつもの通りのオールスターキャスト
三谷組の俳優さん達が次々と登場、大笑いさせてくれます。

あちこちにいろんな仕掛けがあり、えっと驚く展開あり、これは見るしかない!

ラスト、タイトルバックに流れる可愛い歌声はさて誰かな〜るんるん

↓ここでぜひキャストを見て楽しんで下さいねわーい(嬉しい顔)
http://www.sutekina-eiga.com/
posted by Sugar Babe at 13:55| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。